”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア

”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア

”人生100年時代では1億5000万円必要”と不安を煽るマスメディア

超高齢化社会では1億4000万〜1億5000万円のお金が必要!?

週刊現代WEB版にて興味深い記事を読みました。

超高齢化社会の到来によって仮に100歳まで生きるとしたら1億4000万〜1億5000万円というお金が必要だというのです。計算根拠は次のとおりです。

「総務省の家計調査報告を基に計算してみましょう。

60~69歳の生活費は夫婦二人で年間約330万円(10年で3300万円)。70~74歳は年間約300万円(5年で1500万円)。そして、75歳以降は平均272万円かかるので、100歳まで26年間生きた場合、7072万円(総計で1億1872万円)になります。

こうした日常の生活費以外にも自宅のリフォーム代、医療・介護費、趣味や旅行に使うお金もあるので、2000万~3000万円くらいはかかると考えておいたほうがいい」

合計すると、100歳まで安心して生きるためには約1億4000万~1億5000万円という途方もない額のカネが必要になるわけだ。

その一方で年金収入は100歳まで生きれば、月額22万円☓12ヶ月☓36年=約9500万円。

総支出額ー年金総収入額=約5000万円。

つまり100歳まで生きれば5000万円が不足するというのです。

今年(2017年)から始まった確定拠出年金制度(iDeCo)の加入対象拡大により、老後資金の大半を個人で確保しなければならない社会へ加速度的に変化しているのも事実です。年金も減り医療費や介護費が増大する社会の到来はすぐそこまできています。

平均寿命が伸びつつある日本において、人生100年時代というのはあながち非現実なことではないのかもしれませんが、それにしてもこの乱暴な計算式に、なにか別の意図を感じざるを得ません。

あなたが何歳まで生きるか誰も知らない

結局のところ人は自分の寿命を知ることはできません。何歳まで生きるのか予測することは不可能です。マスメディアで再三取り上げられる老後不安ネタは、その点においてまったく意味をなさないと考えています。

70歳で死ぬ人と80歳で死ぬ人とでは、死ぬまでに必要な資金は大きく異なります。老後に必要な資金を平均寿命で算出しても、その年まで生きられる人もいればその前に亡くなる人もいるし、逆に90歳まで生き続ける人もいるのです。

ましてや100歳まで生きる前提で老後必要資金を計算することに、どんな意味があるのでしょうか?ただ単にあらぬ不安を煽り立てているようにしか感じません。

死ぬまで働き続ける時代がそこまで来ている

老後に必要な資金を貯めるよりも「そこそこ稼げる仕組みの構築」を最優先すべきの記事でも書きましたが、私の考える老後不安を解消するための最良の対策は2つです。

  • そこそこ健康なカラダを維持する
  • そこそこ収入が入り続ける仕組みを構築する

そこそこ健康で、そこそこ稼ぎ続ける仕組みを手に入れて、それを維持し続けることです。60歳でも70歳でも80歳でも収入が入り続ける仕組みを構築しておけば、老後不安に怯える必要はありません。

多少ガタがきても、そこそこ健康であれば、大病による手術・入院費用なども抑えることができます。そのためには今のうちから予防医療に意識を向けカラダのメンテナンスを怠らないことです。

貯金と年金のみに頼ろうとするから不安になるのです。定年後に、自分が死ぬまで月20万円〜30万円程度の収入を維持することができれば、貯金・年金と合わせて十分豊かな生活をおくることができます。そのための仕組みを現役時代に構築しておくことが重要です。

竹中平蔵氏がいみじくも述べているように70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ているのです。

アフィリエイトビジネスを長い目で捉えることの意味

70歳でも80歳でも働き続けなければならない社会と聞くと、ゾットするかもしれません。でもそれは今の仕事の延長で考えているからです。

でも自分の好きな仕事や興味のある仕事を、自分のペースで続けるならばどうでしょうか?趣味の延長線上での仕事というイメージです。誰にも指示されることも拘束されることもなく、ゆったりとした老後の時間の中で、のんびりと仕事ができたら最高だと思いませんか?

アフィリエイトビジネス(ブログビジネス)は、老後の仕事として非常に適していると思います。自分の興味のあるテーマに沿って情報を発信し続け、その延長線上でマネタイズをします。特定のテーマに特化した専門ブログを長期的に運営することができれば、マネタイズは難しくありません。

つまりブログ(アフィリエイトブログ)を、自分年金にするというアイデアです。そのために今のうちからブログ運営を開始します。今すぐマネタイズできなくても、数年後さらには10年後15年後のマネタイズを意識して今から記事を書き始めます。

コツコツと執筆した記事が資産化し、いずれそこから収益が発生するようになります。定年後も記事を書き続けるだけならばできそうだと思いませんか?自分のブログから毎月数十万円の収益が発生すれば、老後不安などありません。

マネタイズは、不動産投資などよりも遥かにリスクが低く、簡単です。運営中のリスクもほぼゼロです。

老後不安を解消する一つの方法として、ブログビジネス(アフィリエイトビジネス)はアリだと思いませんか?

 よく読まれている記事

ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法
ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法

ニッチジャンルと独自の切り口(オリジナルな価値)との関係 今回もパワーアフィリエイトに関するご質問をいただきましたのでシェアします。ご質問内容はニッチジャンルと独自の切り口(オリジ…

良質のコンテンツこそ最良のSEOだ
良質のコンテンツこそ最良のSEOだ

良質のコンテンツこそ最良のSEOだ ゴミサイトの排除は佳境に入りつつある 昨日(2012年10月24日)の記事にも書きましたが、いよいよGoogleがゴミサイトを追い詰めにかかって…

私がサラリーマンを辞めない理由
私がサラリーマンを辞めて専業アフィリエイターを目指さない本当の理由

副業アフィリエイター”山本一郎” 大学を中退してブロガーとして食べていくというエントリー(記事)がネットを賑わせていますね。 私は特に反論も賛同もしません。他人がどのような人生を選…

私がキーワード選定にこだわらない理由
私がキーワード選定にこだわらない理由

キーワード戦略に関するご質問 過去記事で「キーワードを意識しない」と書いたことに対して、次のご質問をいただきました。 いつも楽しくブログを拝見しています。 現在山本様はキーワードに…

ウィキペディアサイトを作ってはいけない
ウィキペディアサイトを作ってはいけない

残念なサイトを量産していませんか? アフィリを始めてから、様々なアフィリエイトサイトをチェックするようになりました。しかしながら、そのほとんどが、非常に残念なサイトであるという事実…

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則
『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を古本で購入してみた【その2】

前回の記事はこちら 『アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則』を購入してみた【その1】 書籍で紹介されている「あかちゃんのぐずり」サイト この書籍では、著者のサイ…

【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある
【ネタ集め】ブログ記事を速く書き上げるコツは事前の準備にある

ブログ記事を30分で書き上げる方法 先日”アフィリエイト作業”と”報酬”のバランスにおける「最適解」を探すという記事を書いたですが、その中の記事執筆方法に関してご質問をいただきまし…

【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される
【参加無料】「本気でアフィリエイトを学ぶ会」が今年も開催される

渋谷で開催される年1回のビッグイベント 毎年恒例のビッグイベントが渋谷で開催されます。その名も「本気でアフィリエイトを学ぶ会2016 -Japan Affiliate Summit…

下克上(GEKOKUJO)は本当に成果がでるのか?
ニッチとは”細分化されたニーズ”だ

ニッチジャンルに関するご質問 ニッチなターゲットとニッチなブログテーマに関するご質問を頂きました。 山本様が考えるニッチジャンルとはライバルがいないジャンルを狙うことであり、ニッチ…

優れたレビューを書くために必要な、たった1つのこと
優れたレビューを書くために必要な、たった1つのこと

読む人を感動させる”Amazonレビュー” 以下のAmazonカスタマーレビューをお読み下さい。 SANYO の IC レコーダーは優れものである。 先ず、音が良い。 30年数前に…

アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ
アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ

パワーアフィリエイト手法の要素の一つである”独自の切り口”に関するご質問を多くいただきます。また、パワーアフィリエイトの手法をまとめたオリジナル特典において、独自の切り口に関する解…

アフィリエイトLab(アフィLab)【検証とレビュー】
検索ボリュームよりも検索意図が明確なキーワードを狙う

「検索意図が明確かつ上位表示を狙えるキーワード」で記事を書くことの重要性 前回の記事の続きです。 アドセンスにおける”検索ボリューム”の底上げについて考えてみる 前回は、アドセンス…