ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法

ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法

ニッチジャンルに”視点”を加えてオリジナルな価値を引き出す方法

ニッチジャンルと独自の切り口(オリジナルな価値)との関係

今回もパワーアフィリエイトに関するご質問をいただきましたのでシェアします。ご質問内容はニッチジャンルと独自の切り口(オリジナルな価値)との関係についてです。

ニッチジャンルについて質問です。山本様はブログを作るときオリジナルの価値を考えることが大切だとおっしゃられていますが、ニッチジャンルが決まればおのずとオリジナリティの価値も決まってくるのではと私は思うのです。

したがってオリジナリティの価値よりニッチジャンルを探すほうが大事なのではと思うのですが、たとえばアフィリエイト戦略思考ブログはぺラサイト作成やSEOで悩むニッチな人に対してホワイトハットアフリエィトで成果を出すという山本様独自のオリジナリティのある経験をもとにした記事を書かれていますよね。

ぺラサイト作成やSEOで悩むニッチな人がいちばん欲しがる情報山本様がホワイトハットアフリエィトで成果を出した経験やノウハウはイコールで結びつきます。

そう考えるとオリジナルの価値を考えるより、ニッチなターゲットを探せば、オリジナルな価値は考えなくても必然的に分かるのではと思います
したがってオリジナルの価値を考えるより、ニッチジャンルを探すほうが大事なのかなと思いますがどう思われますか?

私は、オリジナル特典『パワーアフィリエイトの極意』で、大きなマーケットの中のニッチを狙うことを推奨しています。さらに「独自の切り口」を加えることで、そのサイトでしか得られないオリジナルな価値を提供する方法をご紹介しています。

ニッチジャンルを狙うことでオリジナリティ(独自の切り口)は自ずと内包される、だからニッチジャンルの選定こそが大切なのでは?というのが今回のご質問の内容です。

ニッチを狙うことと独自の視点を加えることは「別」

結論から申し上げると、ニッチジャンルに特化することと、そこに「独自の切り口」を加えることは別次元の戦略です。独自の切り口とは「どのように語るのか?」ということです。

  • ニッチを狙う…どこを狙うか?
  • 独自の切り口…どのように語るか?

アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ

2016.04.09

ニッチ + 独自の切り口 = 「オリジナルな価値」

当ブログ(戦略思考ブログ)を例に解説します。当ブログの戦略は、「アフィリエイト」の中でも「コンテンツアフィリエイト」と呼ばれるジャンルです。それほどニッチではありませんが、量産アフィリエイトやPPC、メルマガアフィリエイト、アドセンスなどは潔く切り捨てています。

ターゲットは、「量産アフィリに疲れた人」「サイト量産に疑問を感じている人」「1つのサイトを長期的に育てたいと考える人」などです。

そして当ブログの「独自の切り口」は…

  • 副業アフィリエイター(サラリーマン)として語る
  • 少ない作業量で月100万円〜の実績を出している立場で語る
  • ある程度の実績を出しているパワーアフィリエイターが語る
  • 毎月成果報酬(証拠)を掲載している立場で語る
  • 量産アフィリエイトを全否定する立場で語る
  • ペラサイトを否定する立場で語る

などです。どのような立場で語るのか?が「独自の切り口」です。ニッチ分野に独自の切り口が掛合わさることで、オリジナリティが生まれます。

婚活テーマを例に解説する

別の例で解説します。婚活ジャンルを取り上げてみましょう。

まずはニッチ戦略で絞り込む

婚活サイトはネット上にたくさん存在します。マーケットは非常に大きいですね。しかし単なる婚活総合サイトを作るだけでは、大手サイトに対抗することは難しいでしょう。また特定のターゲットへの訴求力も弱まります。ターゲットやニーズ毎にカテゴリを作って分岐・誘導する場合も、大変な労力を求めらます。どちらにしてもお金も体力もある大手アフィリエイターには敵いません。

そこで、大きなマーケット内のニッチジャンルを狙うという戦略を取るわけです。婚活関連のサイトを運営するならば…

  • 再婚者同士の婚活サイト
  • 子連れ同士の婚活サイト
  • 共働きを希望する者同士の婚活サイト
  • 田舎暮らしを希望する者同士の婚活サイト
  • 公務員をターゲットにした婚活サイト
  • 医療従事者向けの婚活サイト
  • 地方移住したい方向けの婚活サイト
  • 婿養子向けの婚活サイト…

単なる婚活サイトを作るよりも、ニッチに特化し、その特化したジャンルで一番を狙うという戦略です。もちろん婚活総合サイトを作ってもよいですが、それでは特定のターゲットに対する訴求力が弱まります。大手を相手にするこになり体力的に苦しい戦いを強いられてしまいます。

大きな市場の中のニッチに特化することで、どこよりも濃い情報(価値)を提供し、差別化し、訴求力を高めます。

次に「独自の切り口」を加える

ただ、ニッチに特化しただけでは、直接的な価値の提供には繋がりにくいです。なぜならそんなことは誰でも思いつくからです(逆に誰も思いつかないようなニッチジャンルは、そもそもニーズがゼロかもしれません)。そこに「独自の切り口」を加えることで、他のサイトからは得ることのできないオリジナルな価値を提供することが可能になります。

先ほどの婚活サイトの例であれば、「子連れ同士の婚活サイト」というニッチジャンルを選び、そこに「切り口(視点)」を加えます。視点とは、アフィリエイトにおける「視点」とは、どのように語るのか?ということで解説した「どう語るのか」という部分です。

  1. その道の”専門家”として語るのか?
  2. 別の専門家の視点から語るのか?
  3. その道の”情報通”として語るのか?
  4. ”マニア(オタク)”として語るのか?
  5. ”体験者”として語るのか?
  6. ”初心者”として語るのか?
  7. ”熟練者”として語るのか?
  8. ”成功者”として語るのか?
  9. ”失敗者”として語るのか?
  10. ”先駆者(元祖・パイオニア)”として語るのか?
  11. 独特な発想で語るのか?
  12. 面白い文体で語るのか?
  13. 徹底的なデータをもとに語るのか?
  14. 第三者の声をどこよりも大量に集めて語るのか?
  15. 他のジャンルと組み合わせて語るのか?
  16. あえて真逆に(反対意見として)語るのか?
  17. 特定のニーズに絞り込んで語るのか?
  18. 順序を入れ替えて語るのか?
  19. 特定のシチュエーションに限定して語るのか?
  20. 特定の職業に限定して語るのか?
  21. 特定の利用シーンに限定して語るのか?

最近「保育園落ちた」というフレーズがメディアを賑わせていますが、「子連れ同士の婚活サイト」に「保育園問題」というシチュエーションをプラスしてサイトを構築するというアイデアも浮かんできます。あるいは「マル親(ひとり親家庭等医療費助成制度)」を始めとする様々な助成制度(特定のニーズ)と絡めて「子連れ同士の婚活サイト」を運営するなど、様々なアイデアが浮かびます。

大きなテーマ(婚活)でサイトを運営するよりも、「ニッチ+独自の視点」でサイト構築したほうが、はるかに訴求力は高まります。

他のアフィリエイターが真似できないニッチジャンルを見つけ出せれば”パワフル”だ

ご質問にあるように、ニッチジャンルを選定することが、オリジナルな価値の提供に繋がるケースもあります。ニッチなジャンルを選ぶということは、ニッチなニーズ(欲求)・ニッチなターゲット(属性)に訴求するという戦略です。他のアフィリエイターが見つけ出せないor真似することのできないニッチジャンルを探しだすことができれば、それはすなわち「オリジナルな価値」に直結します。

ご自身が「地方移住して結婚した」という経験があれば、「田舎で暮らしたい私が婚活移住して幸せをつかんだ方法」などというサイトを運営しつつ、婚活アフィリエイトをするのもありだと思います。このサイトにおけるニッチなジャンルは「地方移住したい方向けの婚活サイト」であり、オリジナルな価値とは「ご自身の体験談(体験者・成功者として語る)」です。

  • 大きなマーケット:婚活
  • ニッチなジャンル:地方移住したい方向けの婚活
  • 独自の切り口:自分の体験談(体験者・成功者として語る)

自分しか体験できない内容を語ることは、パワフルです。それだけで「オリジナルな価値」になります。体験・経験・実績にまさる「切り口」はない、ということですね。

まとめると、

  • ニッチジャンル + 独自の切り口(視点) = オリジナルな価値

となります。

どうせならニッチなジャンルで専門性の高いサイトを作る

2016.09.15

ニッチとは”細分化されたニーズ”だ

2016.04.12

 

商材評価の一覧はこちらから

S評価商材
A評価商材
B評価商材
C評価商材
D評価商材

 よく読まれている記事

70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている
70歳を超えても働き続ける社会の到来がそこまで来ている

「自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておかないとダメなんですよ。」竹中平蔵 年金崩壊危機が声高に叫ばれて久しいですが、もはや老後を国に頼ることは…

サイト作成に経験や体験は必要か?
サイト作成に経験や体験は必要か?

サイト作成に経験・体験は必要か? パワーアフィリエイトに関するご質問をいただきましたので、私の回答とともに記事にしたいと思います。前回記事にした”アフィリエイトにおける「視点」とは…

DeNAのウェルク問題が「健康食品EC業界」に暗い影を落とし始めた
葉山直樹氏の株式会社MTSが倒産(任意整理)へ

葉山直樹氏の株式会社MTSが任意整理、アフィリエイトセンターも閉鎖 驚くニュースが入ってきました。アフィリエイト情報商材業界でも有名な葉山直樹氏の株式会社MTSが倒産(任意整理)し…

多作は才能だ
多作は才能だ『作家の収支』(森博嗣)

ビジネスライクな小説家「森博嗣」のマーケティングセンス 『作家の収支』(森博嗣)という興味深い本をさきほどKindleで読み終えました。仕事帰りにiPhoneで購入し、Kindle…

関連キーワードをもっと楽に探したい!というあなたへ
関連キーワードをもっと楽に探したい!というあなたへ

視覚的にキーワードを俯瞰できるツール「OMUSUBI」が秀逸 こんなツールがあるとは知りませんでした。 キーワードをマインドマップ的に俯瞰できるツール「OMUSUBI(おむすび)」…

与沢翼氏が経営する会社の売上高は?
与沢翼氏が経営する会社の売上高は?

与沢翼氏が経営する会社の売上高は? 先日読んだ本に、非常に興味深い内容が掲載されていました。10月26日に出版されたばかりの新刊で、タイトルは『ソーシャルもうええねん』です。 この…

【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?
【2014年】情報商材業界の売れ筋とは?

infotopランキグで情報商材業界の”いま”が見えてくる 私は1週間に一度くらいのペースで、インフォトップの30日ランキング(1位〜100位)を定点観測しています。ランキングを定…

SEOで真っ向勝負するか、オリジナルな価値を提供するか
SEOで真っ向勝負するか、オリジナルな価値を提供するか

SEOで真っ向勝負するか、オリジナルな価値を提供するか アフィリエイトにおいて、今、取るべき手法は2つしかないと考えています。(持論ですので反論もあると思います。) SEOで真っ向…

成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある
成約するサイトとできないサイトの違いは”ターゲット戦略”にある

その商品を心の底から必要としてる人は「誰」か? アフィリエイターの役目は、商品を必要としているターゲットに適切にアプローチすることです。ユーザーにとって価値のある商品・サービスをお…

アフィリエイトで「週4時間」だけ働く

週4時間だけ働く 『「週4時間」だけ働く。』という書籍をご存知でしょうか? 刺激的なタイトルですが、出版されたのは約10年前です。2007年9月が初版であり、そのときのタイトルは『…

アフィリエイトを「自分年金」にする方法
老後に必要な資金を貯めるよりも「そこそこ稼げる仕組みの構築」を最優先すべき

アフィリエイトを「自分年金」にする方法 自分年金とは、金融商品を活用してリタイア後の生活費を自分自身で準備することです。公的年金や預貯金で足りない部分を補完するために、オリジナルの…

「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと
「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと

「だである調」と「ですます調」を試してみて感じたこと 長年このブログを読んでいただいている方は気付いているかもしれませんが、私は文体をよく変えています。ブログスタート当初は「ですま…